社会インフラシステムの設計や基盤構築を行っている、株式会社BFTを知っていただくためのページです。

BFTを知る

BFTは私たちの仕事を通じて、
お客様に「快適」をお届けします

BFTの両輪 エンジニア職と営業職

BFTの両輪 エンジニア職と営業職

技術者は技術だけでいいのか?営業は売上が高ければいいのか?BFTは手掛けるプロジェクトにおいて、システムが出来上がればいいとは思っていません。私たちは仕事を通じて、お客様により良いサービスを感じていただきたいと考えております。ですから、BFTはエンジニアと営業が常に協業し、お客様の求めるサービスに応えようとしています。

エンジニア職

エンジニア職

エンジニア職は、インフラ構築エンジニアとシステム開発エンジニアの二種類に分かれます。
インフラ構築エンジニアは、サーバ環境やネットワーク環境の設計構築をはじめ、製品の性能検証や機能検証、サポートを行っています。

取り扱う製品は特定のベンダのものに限定されません。最適なシステム環境をお客様に提供するには、コスト・品質・納期といった前提条件をふまえた上で、より最適な設計を行う技術力とお客様やプロジェクトメンバと協力してプロジェクトをゴールにまで導く推進力も必要になります。

システム開発エンジニアは、クラウドを利用したWebシステムから、Android OSの機能拡張といった最新アーキテクチャを使用した開発業務を行っています。時には、インフラ構築エンジニアと協力し、システム運用ツール(Shell)を開発したり、DBAとしてデータベースチューニングなども行います。

このように高い技術力とプロジェクト推進力で顧客満足度を最大化することがエンジニア職の役割となります。

営業職

営業職

お客様のご要望をヒアリングし、エンジニアと連携してサービスを提案、サービス開始後は見守り、フォローするお仕事です。

3か月間でサービススタートさせるようなECサイト構築プロジェクトもあります。最適なプロジェクトチームを編成します。

その後、プロジェクトがスタートしてからは、進捗状況を把握し、進捗に影響する重大な問題が発生した時にはエンジニアと一緒にリカバリプランを考え提案することもあります。

このようにエンジニアと連携を取りながらプロジェクトを成功に導くことで、BFTをお客様にとってのNo1にすることが営業職の役割となります。